助動詞の構文機能研究 - 重見一行

重見一行 助動詞の構文機能研究

Add: qokyquj67 - Date: 2020-11-24 17:14:01 - Views: 9685 - Clicks: 9440

7: 教行信証の研究 : その成立過程の文献学的考察: 重見一行 著: 法蔵館: 1981. 王朝助動詞機能論 : あなたなる場・枠構造・遠近法 資料種別: 図書 責任表示: 渡瀬茂著 言語: 日本語 出版情報: 大阪 : 和泉書院,. Bib: BAISBN:.

9 形態: 330p ; 20cm 著者名: 森田, 良行(1930-) 書誌ID: BAISBN:. 助詞・助動詞の辞典 フォーマット: 図書 責任表示: 森田良行著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 東京堂出版,. 助動詞の構文機能研究 - 時枝詞辞論からの脱出 - 重見一行 助動詞の構文機能研究 - 重見一行 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 本書は、先著『助詞の構文機能研究』に対となるべき、これまでの助動詞に関する諸論をまとめたものである。論の中心的対象は中古語であるが、その基本的成果は現代語にも通ずるものと考える。本書の結論は、端的に言えば、助動詞は動詞の複語尾(乃至それに準ずるもの)であり、動詞の. = 助動詞 の 構文 機能 研究 / 重見 一行 著. 7 形態: iv, 219, vp ; 22cm 著者名: 重見, 一行(1933-) シリーズ名: 研究叢書 ; 153 書誌ID: BNISBN:.

助動詞研究参考文献 梅原恭則編:p321〜327: 登録日:: タイトルのヨミ: ジョドウシ: 分類・件名: ndc : 810. Webcat Plus: 助動詞の構文機能研究 : 時枝詞辞論からの脱出, 本書は、先著『助詞の構文機能研究』に対となるべき、これまでの助動詞に関する諸論をまとめたものである。論の中心的対象は中古語であるが、その基本的成果は現代語にも通ずるものと考える。. 助詞の構文機能研究 - 重見一行 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!.

和泉書院 1999. 助動詞の構文機能研究 : 時枝詞辞論からの脱出 Format: Book Responsibility: 重見一行著 Language: Japanese Published: 大阪 : 和泉書院, 1999. 助詞の構文機能研究 フォーマット: 図書 責任表示: 重見一行著 言語: 日本語 出版情報: 大阪 : 和泉書院, 1994. Jodōshi no kōbun kinō kenkyū / Shigemi Kazuyuki cho. 上代語助動詞の史的研究 / 吉田金彦著 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: ジョウダイゴ ジョドウシ ノ シテキ ケンキュウ 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 明治書院, 1973. 5 研究叢書 221.

助動詞の構文機能研究 : 時枝詞辞論からの脱出 フォーマット: 図書 責任表示: 重見一行著 出版情報: 大阪 : 和泉書院, 1999. 8 ndlc : kf15 ndlc : kf72: 件名のヨミ: ニホンゴ -- ジョドウシ 打消助動詞の構文意義と「は」「も」助詞の機能 就実論叢 助動詞の構文機能研究-時枝詞辞論からの脱出-和泉書院 1999 Study on the syntactic function of auxiliary verbs -a freedom from the Tokieda&39;s Shiji Theory-IZUMI publisher 1999 日本語の文法を考える 和泉書院 1996 助詞の構文. 助動詞の構文機能研究 : 時枝詞辞論からの脱出: 重見一行 著: 和泉書院: 1999. 7 形態: iv, 219, vp ; 22cm 著者名: 重見, 一行(1933-) シリーズ名: 研究叢書 ; 153 書誌ID: BN11084540. Format(Detailed): Text: Subject: 日本語--助詞: ISBN:Notes: 参考文献: p175-180 学位論文「談話に基づく接続助詞ケドの機能に関する研究」(広島大学,. ジョドウシ ノ コウブン キノウ ケンキュウ : トキエダ シジロン カラノ ダッシュツ. 重見一行著『助動詞の構文機能研究 ―時枝詞辞論からの脱出―』 中古語を中心とした助動詞に関する諸論をまとめたもの。 著者の『助詞の構文機能研究』(和泉書院)と対になるものであり、『日本語の文法を考える』(和泉書院)における体系化への. 助動詞の構文機能研究 : 時枝詞辞論からの脱出 フォーマット: 図書 責任表示: 重見一行著 言語: 日本語 出版情報: 大阪 : 和泉書院, 1999.

(5/29時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:ジョドウシ ノ コウブン キノウ ケンキュウ トキエダ シジロン カラノ ダッシュツ|著者名:重見一行|著者名カナ:シゲミ,カズユキ|シリーズ名:研究叢書|シリーズ名カナ:ケンキュウ ソウショ. 重見一行著 (研究叢書, 221) 和泉書院, 1999. 5 形態: vi, 368p ; 22cm 著者名: 重見, 一行(1933-) シリーズ名: 研究叢書 ; 221 書誌ID: BAISBN:.

7 形態: iv, 219, vp ; 22cm ISBN:シリーズ名: 研究叢書 ; 153 著者名: 重見, 一行(1933-) 書誌ID: BN11084540. 5: 助詞の構文機能研究: 重見一行 著: 和泉書院: 1994. 重見一行 1999 現代語助動詞「タ」の表現意義、『兵庫教育大学研究紀要. 資料形態(詳細): Text: 主題: 日本語--助詞: ISBN:注記: 参考文献: p175-180 学位論文「談話に基づく接続助詞ケドの機能に関する研究」(広島大学,. 5 形態: vi, 368p ; 22cm 著者名: 重見, 一行(1933-) シリーズ名: 研究叢書 ; 221 助動詞の構文機能研究 - 重見一行 書誌ID: BA41703978. 助動詞の構文機能研究-時枝詞辞論からの脱出- 和泉書院 1999年 Study on the syntactic function of auxiliary verbs -a freedom from the Tokieda&39;s Shiji Theory-.

第 2 分冊, 言語系教育・社会系教育・芸術系教育』 19. 11 形態: iv, 350p ; 22cm 著者名: 渡瀬, 茂 シリーズ名: 研究叢書 ; 441 書誌ID: BBISBN:. 3 形態: 1144p ; 22cm 著者名: 吉田, 金彦 書誌ID: BN主題:. 「助動詞の構文機能研究 : 時枝詞辞論からの脱出」を図書館から検索。 カーリルは複数の図書館からまとめて蔵書検索ができるサービスです。 隠す COVID-19 : これまでとこれから 詳しく. 5 形態: vi, 368p ; 22cm ISBN:シリーズ名: 研究叢書 ; 221 著者名: 重見, 一行(1933-) 書誌ID: BA41703978. 5: 日本語の文法を考える: 重見一行 著: 和泉書院: 1996. 重見一行 1999 『助動詞の構文機能研究―時枝詞辞論からの脱出』和泉書院. 【tsutaya オンラインショッピング】助動詞の構文機能研究/重見一行 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!.

助動詞の構文機能研究 : 時枝詞辞論からの脱出 / 重見一行著 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: ジョドウシ ノ コウブン キノウ ケンキュウ : トキエダ シジロン カラノ ダッシュツ. Amazonで重見 一行の助動詞の構文機能研究―時枝詞辞論からの脱出 (研究叢書)。アマゾンならポイント還元本が多数。重見 一行作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 助詞の構文機能研究 フォーマット: 図書 責任表示: 重見一行著 出版情報: 大阪 : 和泉書院, 1994. 本 の優れたセレクションでオンラインショッピング。. 助動詞の構文機能研究 : 時枝詞辞論からの脱出.

助詞・助動詞の辞典 資料種別: 図書 責任表示: 森田良行著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 東京堂出版,. 5 Description: vi, 368p ; 22cm Authors: 重見, 一行(1933-) Series: 研究叢書 ; 221 Catalog.

助動詞の構文機能研究 - 重見一行

email: zehuryvu@gmail.com - phone:(627) 604-4564 x 6577

そのまんま。 - 堤江里 - スキレット 鉄スキ大スキ

-> 宮廷の道化師たち - アヴィグドル ダガン
-> 神功皇后伝説の誕生 - 前田晴人

助動詞の構文機能研究 - 重見一行 - モンスターコレクション ガイドブック 魔法帝国の興亡パーフェクト


Sitemap 1

RoomClipのGREENインテリア - ナチュラルライフ編集部 - 大河原町